ボランティア・青少年育成の多治見ライオンズクラブ【岐阜県多治見市】

スローガン

活動内容

YCEプログラム・YCE委員会

Youth Camp Exchange(YCE)青少年交換事業は、ライオンズクラブ国際協会において採択された多くの奉仕事業のひとつであり、諸外国の生活を体験することによって相互理解の精神を養い、世界平和に貢献することの出来る青少年の育成を目的とする事業です。

本事業は、1961年に初めて日本の神戸クラブ(当時302W-1地区)の提唱によって開始されました。また国際ユースキャンプも1963年から実施されています。

多くのユースはホスト家庭を通じ、日常生活を体験し異文化に接します。また、国際ユースキャンプでは、日本の文化・商工業・産業施設等の見学や講義を通じて、国際社会における日本の立場や自国の立場を討議し、将来の世界を考える機会を持ち、世界平和に貢献することと思われます。また、地域社会におけるライオンズの奉仕活動について学ぶとともに、広く地域社会にPRし、奉仕の精神の芽を育てています。

われわれメンバーもユースとともに多くのことを学ぶことができますし、多くのことを教わる務めがあるでしょう。ホスト家庭の皆様やメンバー各位に「世界中にわが子を育ててください」と申し上げたいし、また、ユースはきっとわれわれの願いに応えてくれるでしょう。

YCEプログラムへのチャレンジによって、われわれの心を、奉仕の芽を未来に託しましょう。地区ガバナーをはじめ、地区委員会一同は心からお手伝いをさせて頂きます。

▲ページトップへ戻る

保健四献・アイヘルス・LCIF委員会

ライオンズクラブ国際財団(LCIF)は、世界のライオンズの奉仕活動を支援しています。人々からの献金を、各地域でライオンズが独力で行うには資金調達が難しい大規模な人道プロジェクトに対する拠出金として交付しています。LCIFは、ライオンズが地域や世界でより影響力のある活動を実施できるよう支援しています。LCIFを通じて、ライオンズは世界中の人々の苦痛を緩和し治癒と希望をもたらすために奉仕をしているのです。

交付金は、自然災害が発生した際の緊急支援と長期復興支援に拠出されます。交付金は視力保護、障害者支援、健康促進、青少年の育成などの活動を支援しています。

LCIFへの献金は全て交付金として支給されます。LCIFの収入はライオンズからの献金が大部分を占めるため、ライオンズからの支援は最も重要です。少ない割合ではありますが他の財団や団体などからの献金もあります。クラブからの会費収入は受けていません。LCIFはまさにライオンズによるライオンズ支援のための組織なのです。

LCIFは1968年の創立以来、8,700件近く、総額6億1000万ドルの交付金を交付しています。

アイヘルスプログラム

ライオンズクラブは視覚障害者に対する奉仕活動で世界的に認知されています。この奉仕は、ヘレン・ケラーが1925 年のライオンズクラブ国際大会のスピーチで会員たちに「盲人のために暗闇と戦う十字軍の騎士」となるように呼び掛けた時から始まりました。その時のヘレン・ケラーの示唆に富んだスピーチを見るにはここをクリックしてください。

現在ライオンズは、その国際的な視力ファースト・プログラム以外にも、無数の地域的努力を通じて視力保護のための活動をしています。

視力保護・盲人福祉に関わる活動

  • ライオンズは毎年、無料の眼科診療を初め、眼鏡、点字ライター、大活字本、白杖、盲導犬など数万件の奉仕を提供しています。
  • ライオンズは毎年、60万件に及ぶ緑内障の無料検査を提供し、20万件の角膜移植を実施しています。
  • ライオンズは各国の主要なアイバンクの設立や、世界各地における何百もの診療所、病院、眼科検診センターの建設を実施し、支援しています。

▲ページトップへ戻る

▲ページトップへ戻る