ボランティア・青少年育成の多治見ライオンズクラブ【岐阜県多治見市】

スローガン

会長挨拶

会長:伊藤智之

2021年~2022年度会長
伊藤 智之(いとう ともゆき)

■スローガン

『見て・聞いて・考え
      まごころでWE SERVE
      ~新時代へ向けて~

■基本方針

 2020年初頭から広がり始めた新型コロナウイルスは、一年余りたった今でも猛威を振るい終わりが見えません。今まで当たり前だった生活様式が当たり前でなくなり、生活全般に影響を及ぼしています。
 Webでの会議やイベント、テレワークなどICT(情報通信技術)を活用した方法が増え様々な分野に変化をもたらしています。その変化に対応し、変えられるところは変えていきたいと考えます。
 これまで諸先輩方が築いてこられたことをよく見つめ、よく聞いて、新時代(ウィズコロナ・アフターコロナ)に合うよう考え、他人に尽くそうと思う純粋な気持ちで活動していきたいと思います。

■事業方針

●会員増強
健全なクラブ活動を行う上で会員増強は必要な条件の一つであると考える。
コロナ禍で経済活動もままならない中ではあるが、ライオンズの活動を理解してもらえる人材を増やす。

●LCIF
LCIFの理解を深め献金に取り組む。
DCGプログラム(地区およびクラブシェアリング交付金)の活用により地域社会への奉仕を実施する。

●アイヘルス
寄贈した機器を使用したライオンズ検診の実施。

●青少年健全育成 薬物乱用防止
将来を担う子どもたちが、心身共に健康であるように「受動喫煙対策」「薬物乱用防止出前講座」などを開催。